2018年07月05日

サッカーワールドカップ2018で日本のベスト16は大健闘

サッカーワールドカップ2018で日本のゲームは
全て終わりました。

決勝トーナメント1回戦のベルギー戦。
たしかにこれまでにないほどに凄かったです。

でも私的に凄かったのは、やっぱりポーランド戦でしょうか。

ゲーム的に凄かったというよりはむしろ
決断的に凄いことをやってのけたというところです。

ネットでも「負けているのに逃げ?」などのように
日本を蔑む記事がありますが、それはあくまでも一個人の意見であって
日本人全ての意見ではありませんよね。

西野監督もおそらく悩みに悩んだ末での判断だと思います。
つまりロシアへ何しに来ているのか?ということです。
もちろんサッカーですが、サッカーをしてどうしたいのか?
があるわけです。

そのどうしたいのか?の最終目標が本多選手も言っているように
ワールドカップ制覇です。

そのためには、あの場面でどうすることが
一番の方法なのか?
西野監督が取った答えが守りだったわけです。

あの判断を批判することは誰にもできません。
できるとすれば、当事者の選手たちでしょうね。

そりゃー、同点に追いついてできれば逆転して・・・
というのが一番良いことは監督も選手たちもわかっていることです。

でも敢えて、あそこで守りに入ってでも
決勝トーナメントへコマを進めたかった、
何が何ででも決勝トーナメントへという思いが
あの作戦になったわけです。

私的には天晴な判断だと思っています。
まあ、この辺は誰もが思うところがあるので
千差万別といったところでしょうか?

私的には悔いのない判断なら
結果がどうなっても当事者は満足だろうってことです。
もちろん悔しさはありますが・・・



同じカテゴリー(スポーツ)の記事
 イチロー選手の今後の舞台は?引退会見から見えたこと (2019-03-22 11:28)
 Vファーレン長崎がJ1へ昇格 (2017-11-14 16:05)